記事一覧

平成30年山行報告一覧

10月14~16日 鳳凰山自主山行(安間・豊岡)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=997
10月7~9日 越後駒ケ岳・平ヶ岳自主山行(安間・豊岡)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=995
9月26~28日 燧ケ岳・至仏山・尾瀬自主山行(安間)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=994
9月17~19日 武尊山・皇海山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=991
9月11~13日 雨飾山・高妻山自主山行(安間・豊岡)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=989
9月8日 飯盛山自主山行(岩村)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=988
9月1~2日 平ヶ岳自主山行(杉山)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=986
8月29~30日 瑞牆山・金峰山自主山行(豊岡)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=985
8月27日 金峰山自主山行(杉山)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=984
8月21~22日 鹿島槍ヶ岳 大谷原コース自主山行(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=987
8月19~21日 唐松岳自主山行(岩村)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=982
8月15日 天狗岳(八ヶ岳)自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=983
8月10日 飯綱山自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=971
8月10日 北海道山巡り9座目 雌阿寒岳(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=981
8月7~8日 北海道山巡り8座目 幌尻岳(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=980
8月5日 北海道山巡り7座目 利尻山(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=979
8月3日 祝瓶山自主山行(長谷川)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=993
8月2日 北海道山巡り6座目 羅臼岳(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=978
8月1日 北海道山巡り5座目 斜里岳(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=977
8月1〜4日 雲ノ平縦走自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=960
7月31日~8月3日 表銀座縦走槍ヶ岳クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=961
7月30日 北海道山巡り4座目 トムラウシ山(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=976
7月28日 北海道山巡り3座目 十勝岳(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=975
7月27日 北海道山巡り2座目 大雪山旭岳(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=974
7月26日 北海道山巡り1座目 後方羊蹄山(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=973
7月23~24日 苗場山自主山行(杉山)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=958
7月22日~8月11日 北海道山巡り 百名山9座(総括)(寺本)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=972
7月21~23日 燕岳自主山行(岩村)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=959
7月16~18日 北岳自主山行(長谷川)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=992
7月13〜14日 富士山自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=956
7月12~17日 羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳・雄阿寒岳自主山行(安間・豊岡)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=957
7月12~13日 蓼科山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=955
7月1〜2日 南八ヶ岳縦走クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=954
6月24日 両神山自主山行報告(安間・豊岡)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=952
6月21日 高見石・にゅう自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=953
6月17日 谷川岳自主山行(安間・豊岡)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=948
6月10日 日光白根山自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=946
6月9日 谷川岳自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=945
6月5日 会津駒ヶ岳自主山行(安間、豊岡)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=943
6月3~4日 尾瀬ヶ原・尾瀬沼オープン山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=944
6月3日 大岳山自主山行(舩木)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=951
5月30日 葛城山、発端丈山自主山行(佐藤幸)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=942
5月27日 蕨山・有馬山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=940
5月26日 天城山自主山行(杉山)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=938
5月20日 棒ノ折山、岩茸石山自主山行(佐藤幸)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=936
5月12日 蕎麦粒山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=937
4月29日 三壁山自主山行(舩木)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=949
4月26日 蓑山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=935
4月26日 金時山自主山行(海堀)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/922.html
4月22~23日 尾瀬至仏山自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/920.html
4月20日 矢倉岳自主山行(佐藤幸)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/919.html
4月12日 高尾山、景信山、陣馬山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/918.html
4月8日 ヌカザス山・三頭山自主山行(舩木)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/921.html
4月1日 戸倉三山環境登山
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/916.html
3月24日 金勝山・官ノ倉山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/915.html
3月17日 三つ峠山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/913.html
3月3日 筑波山薬王院ルートクラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/912.html
2月13~14日 伊豆大島・三原山山行&島内観光
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/911.html
2月4日 長瀞アルプス・宝登山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/910.html
1月27日 伊予ヶ岳(&ばんや)クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/899.html
1月20日 チバニアン見学(小沼)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/898.html
1月5日 高尾山クラブ山行(新年初登山)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/895.html

2018年10月18日 登録

10月14~16日 鳳凰山自主山行(安間・豊岡)

ファイル 997-1.pdf

 10月14日~16日に、安間さんと2人で鳳凰山を自主山行したので報告する。高所の山行シーズンも終わりを迎える中、もう1座登ろうということで鳳凰山を選んだ。天気予報や山小屋の情報では、雪が降り氷点下になる恐れがあると聞き、少々のためらいもあったが晴れの予報を信じて決行した。前日に夜叉神峠登山口に近い芦安温泉に泊まり、翌日は薬師岳小屋に入って、3日目に鳳凰三山を縦走して白鳳峠から広河原に下りる、余裕をもった計画とした。鳳凰三山は、南アルプス北部を代表する甲斐駒ヶ岳~仙丈ケ岳~白峰三山と扇の要のように対峙している。この冠雪した山々を眺めながら、薬師岳、観音岳、地蔵岳と稜線歩きを楽しんだ。下山は、ちょっと心配であった、白鳳峠から野呂川に落ち込む急斜面の谷筋ルートを無事に下りることができ、広河原に着いた。
参加者 安間香録、豊岡一夫

日出前の富士山
ファイル 997-2.jpg
鳳凰山(観音岳)山頂にて
ファイル 997-3.jpg
白峰三山(農鳥岳・間ノ岳・北岳)
ファイル 997-4.jpg
地蔵岳
ファイル 997-5.jpg 

2018年10月18日 登録

30年10月度 役員会議事録

ファイル 996-1.doc

10月12日、京橋区民館で役員会を実施した。今月28日の総会検討案件を中心に討議した。

2018年10月14日 登録

10月7日~9日 越後駒ケ岳・平ヶ岳自主山行(安間・豊岡)

ファイル 995-1.pdf

10月7日~9日に、安間さんと2人で越後駒ケ岳と平ヶ岳を自主山行したので報告する。9月の越後駒ケ岳クラブ山行に合わせて、平ヶ岳も登ろうと計画していたが台風の影響で中止となったため、自主山行に切り替えて行くことにした。平ヶ岳はアクセスが困難で、今年は21日で登山口への送迎が終了するため、急遽、山行を決めた。越後駒ケ岳は、新潟県の南部、福島県・群馬県の県境に位置し、関越道からも姿が見える越後三山の主峰である。枝折峠から山頂麓までのアプローチが長く、アップダウンを繰り返しながらのハードな山行であった。一方の平ヶ岳は、更に南東の群馬県境にあり、駒ヶ岳とは対照的な山であった。登山口から頂の平原まで急登が続き、登り切ると、たおやかな草原が広がる天上の楽園であった。どちらの山も周辺の山々はガスがかかり眺望は得られなかったが、爽やかな秋空のもと、紅葉が進んだ色とりどりの樹林や草紅葉に池塘が点在する美しい高原を楽しむことができた。
参加者 安間香録、豊岡一夫
越後駒ケ岳山頂
ファイル 995-2.jpg
越後駒ケ岳の山容
ファイル 995-3.jpg
平ヶ岳山頂
ファイル 995-4.jpg
姫ノ池にて平ヶ岳をバックに
ファイル 995-5.jpg

2018年10月11日 登録

燧ケ岳・至仏山・尾瀬自主山行(安間)

ファイル 994-1.pdf

9月26日から尾瀬に入り、燧ケ岳、至仏山の山行を実施したので報告する。前の週の金曜日の情報では、木曜日・金曜日と快晴との予報だったので、本山行を実施したが、木曜日は雨、金曜日は幸い快晴となった。尾瀬は紅葉が進んでおり、草紅葉、山の紅葉は見事であった。
実施者 安間香録 1名
詳しくは添付の報告書を参照ください。

雨の燧ケ岳山頂
ファイル 994-2.jpg
日の出間近の燧ケ岳
ファイル 994-3.jpg
至仏山
ファイル 994-4.jpg
紅葉の山と尾瀬ヶ原
ファイル 994-5.jpg

2018年09月29日 登録

8月3日 祝瓶山自主山行(長谷川)

ファイル 993-1.doc
ファイル 993-2.jpgファイル 993-3.jpgファイル 993-4.jpg

朝日連峰の南端にピラミダルな山容で存在を誇示する祝瓶山に、80才の鉄人小沼さんと一緒に登ったので報告する。マタギの里山形県小国町白い森を出発し、バランスを要求される大石橋を渡り鈴振り尾根を登った。当日は酷暑で、脱水状態での厳しい登山となった。

2018年09月20日 登録

7月16~18日 北岳自主山行(長谷川)

ファイル 992-1.doc
ファイル 992-2.jpgファイル 992-3.jpg

北岳固有種かつ絶滅危惧種の「タカネマンテマ」を撮りに小沼さんと出かけた。
やや地味な花なので見つけるのに苦労をしたが、めでたく出会う事が出来た。
北岳からは駒仙鳳凰、八ヶ岳、富士山遠くに北アルプスの峰々を見渡す事が出来、大満足の山行だった。

2018年09月20日 登録

武尊山・皇海山山行

平成30年9月17日~19日 群馬県の名峰武尊山・皇海山に登ったので報告する。2日目の武尊山はやや雲が多く特に日本海側に多くて眺望がよくなかった。3日目の皇海山は天候に恵まれて樹木の隙間から付近の山塊 日光連山、越後駒ケ岳、平ヶ岳等を見ることが出来雨に降られず楽しい登山を満喫できた。3日目の皇海山は登山口までが奥深く、民宿車が下山まで待機し、帰路駅の沼田駅まで送ってもらい楽しい山行を助長した。
 参加者 荒井克益、佐藤幸博、安間香録、豊岡一夫、小川啓夫、杉山修二 6名

実施記録
ファイル 991-1.doc

武尊山山頂
ファイル 991-2.jpg

皇海山山頂
ファイル 991-3.jpg

2018年09月20日 登録

30年9月度役員会議事録

ファイル 990-1.doc

9月13日 役員会を実施しました。
来年の山行計画や役員の改選について総会に提示する案を検討しました。

2018年09月16日 登録

9月11日~9月13日 雨飾山・高妻山自主山行(安間・豊岡)

ファイル 989-1.pdf

 9月11日~13日に、安間さんと2人で雨飾山と高妻山を自主山行したので報告する。相次ぐクラブ山行の中止で、鬱屈気味のところ、安間さんからの当山行提案に二つ返事で賛同した。天気予報は曇りで思わしくなかったが決行した。両山の距離は近いが登山口が離れていて不便なため、マイカー利用となった。雨飾山は、荒菅沢から見た布団菱の岩峰の眺めと笹平から山頂までの稜線歩きが素晴らしかった。高妻山は、一不動までの沢沿いの登り、幾つものピーク越え、最後の山頂直下の急登と、ハードな行程であった。それだけに、山頂からの雲海に浮かぶ北アルプスや周辺の山々の絶景は疲れを癒すのに十分であった。すでに花の時期は終わっていたが、リンドウやトリカブト、ミヤマアキノキリンソウ、ミヤマママコナなどが咲いて目を楽しませてくれた。登山者もポツリポツリと出会って、初秋の静かな、充実した山行であった。また、雨飾荘の露天風呂、宿の地料理と地酒に舌鼓をうった。
参加者 安間香録、豊岡一夫

雨飾山山頂にて
ファイル 989-2.jpg
笹平からの雨飾山
ファイル 989-3.jpg
高妻山山頂にて
ファイル 989-4.jpg

2018年09月15日 登録

ページ移動