記事一覧

平成30年山行報告一覧

6月17日 谷川岳自主山行(安間・豊岡)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=948
6月10日 日光白根山自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=946
6月9日 谷川岳自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=945
6月5日 会津駒ヶ岳自主山行(安間、豊岡)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=943
6月3日~4日 尾瀬ヶ原・尾瀬沼オープン山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=944
5月30日 葛城山、発端丈山自主山行(佐藤幸)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=942
5月27日 蕨山・有馬山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=940
5月26日 天城山自主山行(杉山)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=938
5月20日 棒ノ折山、岩茸石山自主山行(佐藤幸)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=936
5月12日 蕎麦粒山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=937
4月29日 三壁山自主山行(舩木)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=949
4月26日 蓑山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/diary.cgi?no=935
4月26日 金時山自主山行(海堀)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/922.html
4月22~23日 尾瀬至仏山自主山行(八木恭)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/920.html
4月20日 矢倉岳自主山行(佐藤幸)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/919.html
4月12日 高尾山、景信山、陣馬山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/918.html
4月8日 ヌカザス山・三頭山自主山行(舩木)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/921.html
4月1日 戸倉三山環境登山
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/916.html
3月24日 金勝山・官ノ倉山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/915.html
3月17日 三つ峠山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/913.html
3月3日 筑波山薬王院ルートクラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/912.html
2月13~14日 伊豆大島・三原山山行&島内観光
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/911.html
2月4日 長瀞アルプス・宝登山クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/910.html
1月27日 伊予ヶ岳(&ばんや)クラブ山行
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/899.html
1月20日 チバニアン見学(小沼)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/898.html
1月5日 高尾山クラブ山行(新年初登山)
http://imc-sanko.xsrv.jp/IMC/diarypro/archives/895.html

2018年06月21日 登録

4月29日 三壁山自主山行(舩木)

ファイル 949-1.docx

4月29日三壁山に自主山行したので報告する。
野反湖ビジターセンターから山頂へ往復した。
4月の連休中日だというのに山中では誰一人として会わなかったが、天気に恵まれ爽快な登山ができて大満足の1日であった。

参加者:石井昭介、舩木 健 (2名)

2018年06月20日 登録

6月17日 谷川岳自主山行(安間・豊岡)

ファイル 948-1.pdf

 6月17日に谷川岳を自主山行したので報告する。谷川岳は、オキノ耳とトマノ耳の双耳峰が美しく、また、豪雪によって深く抉られた巨大な絶壁は多くのクライマーを魅了してきた百名山である。2年前に朝日岳~白毛門から眺めた谷川連峰の美しさに、早く登りたいと願っていたが、前日の安間さんからの誘いで突然の実現となった。当日前後は生憎の天候で、梅雨の隙間を狙っての山行となった。登山口から肩の小屋手前まではガスが重く垂れ込めて眺望は得られなかったが、トマノ耳に着く頃には一転して青空となり、一ノ倉岳までの岩稜を歩きながら360度のパノラマを楽しんだ。下山を始めると急にガスがかかり、間近からの壮絶な山容を見ることは叶わなかった。三大急登の西黒尾根から登り、帰りは天神平からのロープウェイを使っての日帰り登山であったが、評判通り、厳しくも絶景と花々に癒されての山旅であった。
参加者 安間香録、豊岡一夫

万太郎山・仙ノ倉岳・苗場山を眺める
ファイル 948-2.jpg
茂倉岳・一ノ倉岳・オキノ耳
ファイル 948-3.jpg
オキノ耳にて
ファイル 948-4.jpg
一ノ倉岳にて越後・東北の山々を背に
ファイル 948-5.jpg

2018年06月19日 登録

平成30年6月度山行クラブパソコン勉強会

ファイル 947-1.docx
ファイル 947-2.jpgファイル 947-3.jpg

平成30年6月度山行クラブパソコン勉強会を実施したので報告する。
1.実施日:平成30年6月13日(水)10~16時
2.場所;光友会事務所会議室
3.参加者(敬称略):舩木、豊岡、鈴木、原、寺本、結城、長谷川、安間、川嵜、八木、住吉、石塚、計12名
4.内容
 ①IMCホームページについて
 ②ONE DRIVEの活用
 ③GPSモバイルの活用
 ④カシミール(山岳地図ソフト)の利用
 ⑤パソコンをより便利にするサービスの紹介
詳細は、添付報告書及びOneDrive/パソコン勉強会/H29年6月勉強会の資料を参照願います。

2018年06月15日 登録

6月10日 日光白根山自主山行(八木恭)

ファイル 946-1.doc
ファイル 946-2.jpg

勤務先のバス会社ウォーキングの下見のため日光白根山登山を行った。
丸沼高原山麓駅からロープウェイで山頂駅まで上がり、史跡散策コースから白根山に登った。山頂から弥陀ヶ池方向へ下り、弥陀ヶ池屁の分岐から史跡散策コースへ戻り、六地蔵を経て山頂駅へ戻った。
天候は台風が近づき梅雨前線を刺激するとの予報だったが、雨に降られる事は無かった。山頂付近は濃いガスと強風で見通しが利かず、似た爆裂火口の風景のなか山頂位置や下山口の見極めが難しかった。
山頂駅のロックガーデンにはシラネアオイ等の高山植物が植えられている。シラネアオイは見頃だった。
参加者 八木恭一 他3名

2018年06月13日 登録

6月9日 谷川岳自主山行(八木恭)

ファイル 945-1.doc
ファイル 945-2.jpgファイル 945-3.jpg

勤務先のバス会社ウォーキングの下見のため谷川岳登山を行った。
土合からロープウェイで天神平まで上がり、天神尾根から山頂を往復した。
天候は午前中は曇りで昼過ぎから青空が出始め展望が開けた。
多数の高山植物が花盛りだった。
参加者 八木恭一 他3名 

2018年06月13日 登録

6月3~4日 尾瀬ヶ原・尾瀬沼オープン山行

ファイル 944-1.doc

1.2日間快晴に恵まれ、トレッキングコースには全く雪もなく、素晴しい尾瀬ヶ原・尾瀬沼横断トレッキングを満喫できた。今回目的としていた水芭蕉は、例年より10日~2週間開花が早く、尾瀬ヶ原は最盛期を過ぎていたが、日陰では清楚で可憐な花を咲かせており、その存在感を主張していた。尾瀬沼は尾瀬ヶ原より高度が200m以上高いので水芭蕉の群生地はその名残があったので、所期の目的は十分達成できたように思う。また、他にも初夏を彩るタテヤマリンドウ、ショウジョウバカマ、リュウキンカ、ミツガシワ、シラネアオイ、ヒメシャクナゲ等がそれぞれの個性を主張していた。
尾瀬ヶ原と至仏山、尾瀬沼と燧ヶ岳の絶妙に調和した景色は我々に感動と癒しをもたらしてくれた。

桧枝岐小屋 玄関前での記念写真
 ファイル 944-2.jpg                        
尾瀬沼湖畔の水芭蕉群生地
 ファイル 944-3.jpg
尾瀬ヶ原から眺めた至仏山
 ファイル 944-4.jpg                      
尾瀬沼越しに燧ヶ岳を望む
 ファイル 944-5.jpg                      

2.実施日:2018年6月3日(日)~4日(月)
3.実施者:小田憲和 

以上  詳しくは添付の報告書等を参照下さい。

2018年06月08日 登録

6月5日 会津駒ケ岳自主山行

ファイル 943-1.pdf

 6月5日(火)に会津駒ケ岳に自主山行をしたので報告する。南会津の盟主、会津駒ケ岳は頂稜に広がるたおやかな峰に池や池塘とお花畑が織りなす美しい高山湿原で知られる百名山である。前々日来の尾瀬ヶ原オープン山行に合わせ、最終日に檜枝岐村で皆さんと別れ、民宿に泊まって挑戦した。事前に残雪が多いとの情報を得ていたが、駒ノ小屋の手前から稜線は殆ど雪で覆われた雪山であった。美しい高層湿原は楽しめなかったが、快晴無風のもと、駒ノ小屋~駒ヶ岳山頂~中門岳までの稜線歩きは爽快な雪上散歩であった。燧ケ岳や至仏山、平ヶ岳や越後三山、日光の山々や磐梯山などパノラマを十二分に満喫できた。初めて軽アイゼンを装着しての雪上山行であったが、無事に下山でき大満足の山旅であった。
 参加者 安間香録、豊岡一夫 2名

会津駒ケ岳山頂にて(ここだけ雪が無い)
ファイル 943-2.jpg
会津駒ケ岳山頂から眺める燧ケ岳
ファイル 943-3.jpg
中門岳山頂にて
ファイル 943-4.jpg
中門岳から駒ケ岳山頂を背に
ファイル 943-5.jpg

2018年06月08日 登録

自主山行報告書(葛城山、発端丈山) 佐藤幸

ファイル 942-1.doc
ファイル 942-2.jpgファイル 942-3.jpgファイル 942-4.jpgファイル 942-5.jpg

5月30日、伊豆半島の葛城山、発端丈山に出光の同期生と5人で行った。午前中は曇りで午後からは雨予報だったが、下山してホテルに入るまで降られずに済んだ。葛城山はロープウェイが山頂まである。それぐらい形のいい山(大門橋から見える葛城山の写真添付)。しかも山頂からの眺望が素晴らしい。富士山、駿河湾、天城山、沼津アルプスなどなど。

2018年05月31日 登録

蕨山・有馬山山行実施記録

ファイル 940-3.doc

ファイル 940-1.jpg
ファイル 940-2.jpg
山行時間の見込み違いで五月末(5/27)に実施したため、空気の散乱と若葉の遮蔽で眺望は期待倒れであった。そうは言っても、橋小屋の頭から鳥首峠の2kmは西側の杉を伐採してあり、蕎麦粒山、天目山、酉谷山、さらには両神山に続く山々を眺めることができたのは早起きした甲斐があった。蕨山下降点までの区間、鳥首峠直下の区間は思いのほか急坂で上る分にはロープは不要だが、下りにあっては重宝を感じた。

2018年05月28日 登録

ページ移動